花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

猫はお好きですか?

花粉症になって一番きついのが鼻水・鼻づまり。眠くなるうえに声も変になってしまい、鼻の下も鼻も真っ赤になります。仕事人にとってはなんとかして鼻を触りたくないとおもうことでしょう。とはいえ、アレルギーではれ上がった鼻腔と出続ける鼻水は何とも…。

そこで、簡単に鼻の通りがよくなる「ポーズ」をご紹介します。

鼻や喉は、頸椎(首の後ろの頭蓋骨と繋がっているあたり)へ刺激を与えることですっきりします。あまり過激な刺激は危険なので、エクササイズとして家で出来るものご紹介します。

家の中で出来るのは、ねこのポーズと言われヨガでよく見かけるポーズです。
両手両足(膝から下)を下につけ、背中を丸めて頭をグーッと下げたり、背中を沿って頭も天井を見上げるようにグーッと上げたりします。ポイントはクビの後ろの頸椎をグーッ上下することです。これが無いとただの猫になっちゃいます…汗。男だとちょっと恥ずかしいかもしれませんが、彼女なり奥さんも連れだって一緒にやってみてください!

ただ、私の経験からお話しすると、鼻づまりが完成されている場合は、そのまま無理にやらず一度鼻洗浄(塩水で鼻洗浄。あ、意外ときつくない。)をしてから猫のポーズをやると鼻の奥から頭のてっぺんあたりまでがすっきりするような体感を得られるように思います。

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
2章・やってみるの関連ページ
AdSence sole
みんなの声