花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

セックスいっぱいすると花粉症にいいってホント?

セックスが花粉症に効くなんて聞くとなんか都合がいいなぁ…なんて印象をもってしまいがちですが、科学的にも理にかなった話だったりします。もちろん花粉症対策としてではなくても、心の繋がりとして大切な事もありますよね。

セックスが花粉症に効果があるならこれを生業にしている方々に花粉症はいないはずと思いますが、そういった方々のブログなどを見てみると花粉症にも普通にかかる方もいるようです。つまり気持ちや食生活などのバランス、そして、やはり免疫バランスが深く関連あるようです。

ペンシルベニア州にあるウイルクス大学のフランシス・プレナン博士らの発表によると「セックスを週に1~2回定期的に行っている人は、それ未満やそれより高頻度の人に比べて、ウィルスなどの病原体と戦う体内物質の量が30%ほど多い」という研究結果をまとめているそうです。免疫力にはストレスが大敵ですが、逆に幸せを感じる事で免疫力は上がったりします。

また、セックスは安心と愛情のコミュニケーションの形ですから、心の通ったペアのセックスにおいては気持ちも安らぐと言えます。安心し幸せを気持ちで感じるセックスの後には、リラックスできるオキシトシンやβエンドルフィンといったホルモンが分泌されます。これと同時に深い眠りにつきやすいというのもあり、総合的に良いと言われるのだそうです。

私の経験でも、確かに、幸せを感じた日の翌日は花粉耐性が若干上がったようにも感じたことがあります。これはホルモンなどによる体の休息や日ごろからの免疫力維持が、心の繋がりによって一層強化されたのかなとも思ってしまいます(都合よくきこえますかね…汗)。

健全な性生活が心と体、もちろん免疫系統に良い影響を及ぼすというのは良く聞きますが、花粉症の時期だけというわけではなく、いつでも心を満たし安静にとりくむのがいかに重要かと思わされますね。

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
2章・やってみるの関連ページ
AdSence sole
みんなの声