花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

室内での運動は、花粉症の時期でも免疫を強化できる

スギ花粉症のシーズンは花粉症持ちのスポーツ愛好家にとって最も残念な時期です。気温は良くなって外に出て体を動かしたくなるのにも関わらず外に出ると症状が悪化しますよね。でも花粉症持ちだからこそ実は運動した方がいいんです。とはいえ、花粉が飛びまくる昼間はやっぱりちょっと外に出たくない。

でも有酸素運動は交感神経を活発にし(花粉の症状が出にくくなり)、体調を左右する腸内環境正常化にもいいとされています。

それなら、なおのこと運動したい。そんな時は、花粉の飛散が少ない朝に外で軽くジョギングをしたり、昼や夜であっても室内でヨガや筋トレといったエクササイズをするのがお勧めです。ちょっとゆとりがあるならスポーツクラブで室内ランニングなどをするのもいいと思います。

ただ、水泳に関しては、花粉シーズンは控えめにという専門家が多いようです。水泳は全身運動なので疲労が激しいという意見や、鼻の粘膜がプールの塩素でやられるといった意見を聞きました。

個人的な体感では花粉シーズンの中低強度の運動は効果があるなぁと感じています。水泳は確かに症状が悪化している時にやってしまうと数日間は何をやっても痒みが引かないというのを経験しています。体の抵抗力が下がっているのだろうと考えられます。

逆に、柔軟体操やヨガなどは花粉症からくる不快感の低減に貢献してくれていると感じています。柔軟体操やヨガはツボの刺激やリンパ節の柔軟性を上げたり、血管を柔らかくしてくれたりと良い事ずくしです。

花粉症にお困りの方は出無精エクササイズで、体の本来の力を引き戻す期間としてポジティブに捉えると思わぬ良い結果があると思います!

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
2章・やってみるの関連ページ
AdSence sole
みんなの声