花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
用語集のトップへ戻る

辞書アイコン

アレルゲン(アレルギー誘発物質)とは

アレルゲンは別名でアレルギー誘発物質と言われ、専門的には抗原とも言われます。アレルギー疾患を患っている人がアレルギー反応を誘発してしまう異物のことを指します。

アレルゲンとしては、一般的にハウスダストやカビ、花粉などがいわれており、これらはⅠ型(即時型)アレルギー反応を引き起こすものとして知られています。つまり吸い込む、触れる、飲み込むことで痒みやくしゃみ等が引き起こされるというものです。

また、アレルゲンには仮性アレルゲンと呼ばれるものもあり、アレルギーを引き起こす食品を指します。

該当する食品は相当な種類がありますが、例えば、チョコレート、オレンジ、イチゴ、ぶどう、トマト、ナス、トウモロコシ、タケノコ、イモ類、玉ねぎ、チーズ、ピーナッツ、青魚、カニ、エビ、マグロ、ブリ、鳥豚牛肉、小麦、そば、等様々な食品があります。

この用語をみんなにおしえてあげよう!

興味を持たれている用語ピックアップ
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
用語集のトップへ戻る
AdSence sole
みんなの声