花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
用語集のトップへ戻る

辞書アイコン

クロロゲン酸とは

クロロゲン酸とは、コーヒーやプルーンなどの香りや苦みを出したり、リンゴやバナナ、レンコンなどの切り口を時間経過とともに茶色くする物質です。

近年の研究で、このクロロゲン酸が癌細胞を直接殺傷するNK細胞(ナチュラルキラーさいぼう)を活性化するという研究成果が出ています。

また実証実験などで、肝臓の脂肪分解を助けるとも言われ、このクロロゲン酸を含むコーヒーが体にいいと言われています。

しかし花粉症の場合はカフェインがミネラル等の必須ミネラルのバランスを崩す為、デカフェ(ノンカフェインコーヒー)などでコーヒーを楽しむ事をお勧めしています。

この用語をみんなにおしえてあげよう!

興味を持たれている用語ピックアップ
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
  • 集計中!
用語集のトップへ戻る
AdSence sole
みんなの声