花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

レバー

「ビタミンB」が足りないから痒みがでるの?

花粉症の対策には免疫力向上が必須です。免疫力を上げられる栄養素と言えば、ビタミンA・C・Eやカルシウム、また最近よく聞くDHA(ドコサヘキサン酸)、プロポリスやイチョウ葉をご存知の方もいるかもしれません。ただ、ここで忘れちゃならないのがビタミンBです。ビタミンBというと口内炎!レバーとかを連想する方も多いのではないでしょうか。それをほうふつとさせる商品プロモーションがなどがあるからでしょう。

実は花粉症にとってもビタミンBは相当重要なんです。ビタミンBの役割は食べ物からエネルギーを取り出すときに働いてくれるだけではなく、腸内細菌を元気にしてくれる役割をになっています。だから必要なんです。

花粉症といってよく取り上げられるビタミンBと言えばB2・B6です。B2は、レバーや卵、アーモンドなどに含まれ、B6は、レバーやマグロ・さんまなどに多く含まれています。B6は免疫力を向上させてくれるため、腸を含めた様々な個所でアレルゲンからの攻撃に対処してくれます、これによって、痒みやくしゃみを低減させてくれると言われています。

正直レバーを食べたからと言ってすぐ効いてくる感はないです。ただ、1カ月ほど3日置きにレバーと卵の炒め物(当然!外食のレバニラ炒めのように塩分満点ではなく薄味で調理しました)をモリモリ食べまくったところ、花粉のオンシーズンに突入した2月下旬には例年よりも症状に効果があったように思います。その年は「今年の花粉は去年の数倍」という年でした。

粘膜よ強くなれ~っと祈りつつ、ビタミンB群もしっかり摂るようにしましょうね。これが通年、毎月少しでも食べる習慣が出来ていると体調基盤のユルミも無くなってくると確信してます。ただ、しっかりビタミンBを摂った後は夜なべしないでちゃんと寝ましょうね!

2014年は花粉大量予想!2013年中から体を慣らしていきましょう!

ネイチャーメイド Bコンプレックス 60粒

新品価格
¥580から
(2013/10/2 12:44時点)

ディアナチュラ ビタミンB群(60日分)

新品価格
¥406から
(2013/10/2 12:40時点)

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
1章・食べる飲むの関連ページ
AdSence sole
みんなの声