花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

花粉シーズンにはカフェインレス?

カフェインといえば代表的なものが紅茶、緑茶、そしてコーヒーですね。
よく妊婦さんはカフェインを控えめに~なんて言われますが、これは妊娠中はカフェインの代謝速度が非常に遅くなることと、胎盤を通じて胎児へ移動してしまい肝臓機能が未熟な胎児に相当な悪影響を与えるからだという見方などがあることから、万全を期してそう言うようです。

では!花粉症オンシーズンの人がカフェインが入った飲み物を飲むとどうなるのでしょうか?

カフェインの作用としては、興奮・覚醒させる作用、心臓機能の亢進(高ぶる)、胃酸分泌の亢進(多く分泌)、利尿作用などが言われています。これらを見る限り花粉症に直接悪いものには見えませんが、実は飲み方次第ではちょっと困ったことにもなりかねないとも言われています。

それは、体の免疫バランスを整えるのにとても重要なビタミンCや鉄分、セックスミネラルと呼ばれ牡蠣(カキ)にも多く含まれる精力に必要な亜鉛や、イノシトール(ビタミンBの一種)などを失うと言われてます。つまり体が悲鳴を上げあている時に飲み方を間違うと得るものだけではなく失うものもあるという事になります。もちろん深刻にとらえる程では無いようですが、花粉症は免疫バランスの崩れが原因の一つであるため、健康バランスを考える人にはカフェインレスって選択肢もお勧めです。

実際花粉症完治ラボ員にもコーヒーなどのカフェイン飲料を飲んだシーズン、極力飲まないシーズンとして試した人がいますが、確かにカフェインが無い年の方が症状は軽かったそうです(カフェインを抜いた年の方が花粉飛散量が多かったにも関わらず…)。

でも美味しいのが飲みたい!そんな方には、デカフェというカフェインレスのコーヒー等があるのをご存知ですか?。デカフェはアメリカのホワイトハウスでの公式晩餐会でも飲まれているということで有名です。昔はデカフェというとちょっと旨みも香りも少ないと言う事でなかなか飲む人も少なかったようですが、最近ではカフェインを大幅に減らしたにも関わらずカフェイン入りと違いが分からない程美味しいものもあります。

実は花粉症完治ラボでもカフェインレスが御用達です!もちろんホワイトハウスの真似じゃないです!(笑)

栄養バランス・健康を気にする方にはカフェインレスという選択肢もアリだと思いますよ!!

2014年は花粉大量予想!2013年中から体を慣らしていきましょう!

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
1章・食べる飲むの関連ページ
AdSence sole
みんなの声