花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

ドクダミ茶(十薬茶)は飲まずにこう使ってみたら…

ドクダミ茶というとダイエットとかデトックスとかという印象がありました。どくだみは体内の毒素を解毒・排泄させる働きがあり、緩下作用(かんげさよう)という腸から排便を押し出す動きを促してくれたりします。要は便秘ユーザーに愛される理由がここにある訳です。ドクダミがエエ!という話は長く民間に伝え続けられ残っているので、ポット出の成分よりはちょっと安心ですよね。

またドクダミの根は十薬と言われ、生薬の世界では利尿作用、便秘改善、皮膚病改善、抗菌作用があるお薬として知られています。ドクダミを擂ったものを傷口などに塗ると良いと言われるほどですから、人の体には優しいものであるんです。

ただ、これだけは注意しましょう!ドクダミには光線過敏症を引き起こす可能性が言われています、がぶがぶ飲みまくる、塗りまくる、という事をしてしまうと、光線過敏症になってしまう可能性もあるようです。ただ、この光過敏症は他にもセロリやニンジン、あわび、そば、高菜漬け、クロレラなどと一般に私らが食べている食品もありますので、何事もやり過ぎはイカンということで理解しておくのが良いと思います。

さて、花粉症の私らはドクダミとどう付き合えるのか。ドクダミ茶の成分は主にミネラルと抗酸化成分のフラボノイドが上げられますね。花粉症は免疫バランスが命ですので、ミネラルが豊富に含まれているのは、食生活が乱れて洋食にかぶれている現代人にとって強力なパートナーです。私はシジュウム茶で失敗した経験もあるので(汗)、お腹に良くも悪くも影響を与える飲み物は適量を守らなくてはと思っているので、週に2~3度ティーカップで1杯飲む程度にしました。複合的に色々な花粉症対策をやっているのでこれだけ飲んでどうかとは言えませんが、正直体感はいいです。やっぱり世で良いと言われているものもちょっと生活に加えるだけでかわるものですね。

一度薬膳レストランに行ったときドクダミ茶漬けを食べた時は美味しかったです。秋の花粉の時期でしたが、鼻炎がおさまったように感じたことが印象的でした。ヨモギ・ブタクサ花粉にも良いのかもしれませんね。

ちなみに、豆知識ですが、このドクダミで鼻洗浄(鼻うがい)をすると相当すっきりします。タダの水でもいいのですが、生薬としてあるだけに昔花粉症外来に行った時に先生に教えてもらいました。とはいえドクダミは高価なので長続きしませんでしたが「鼻がピンチすぎる」ときには良いように思いました。

2014年は花粉大量予想!2013年中から体を慣らしていきましょう!

山本漢方の100%どくだみ茶 5g×36P

新品価格
¥439から
(2013/10/2 13:26時点)

OSK どくだみ茶 ティーバッグ

新品価格
¥601から
(2013/10/2 13:27時点)

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
1章・食べる飲むの関連ページ
AdSence sole
みんなの声