花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

ステロイドってなんか危険な響きが…

ステロイドと聞くと、大体この2つをイメージするのではないでしょうか。1つ目は「筋肉増強を目的としたもの」、2つ目は「アレルギー用のもの」。

花粉症始めとするアレルギーにもステロイドが使われます、これは抗炎症性ステロイド(以下ステロイド)といわれます。これは人がストレスを感じた時に血圧が上がったり、動機がしてしまうのを緩和してくれる副腎皮質ホルモン(コルチゾール…「最強の味方、副腎皮質ホルモンの分泌量を増やす為に」)というのですが、この副腎皮質の役割に着目した人工の化合物が抗炎症性ステロイドです。つまり癒しホルモンです。

ところが、これは脳が分泌量を超高度に管理しているから良いのであって、人工的に投与すると過剰になりすぎて様々な副作用を引き起こします。倦怠感や肌の感想、免疫低下による感染症への抵抗力低下、副腎機能低下、胃潰瘍や他潰瘍、骨粗鬆症、緑内障・白内障と、それ以外にも書ききれない程の極めて多岐にわたる病気にかかってしまう可能性が高いんです。脳と同じ高度なコントロールは所詮無理だということですよね。

では、花粉症にステロイドは完全に悪か?というと、使い方によっては非常に有効だったりします。なにしろ花粉症のアレルギー症状は生活に支障をきたす程度になる場合がありますし、ステロイド自体は摂るのをやめれば副作用もそこまでで、薬剤は外に出ていきます(ただしステロイド注射は薬剤が体内に長期間残るため、副作用はしばらく続きます)。点鼻薬にステロイドが入っているものもありますし、花粉症の症状が相当ひどい時にセレスタミンというステロイド薬を服用する事もあるようです。

私個人としては、飲み薬としてステロイドを体に入れるのはお勧めできません…花粉症がひどすぎただいぶ昔に数回飲んだっきりです。局所使用であれば短期間使うのは効果的と思います、なにしろ即効性が強烈にあるので、仕事で仕方がなかったり、花粉症があまりにも重度である場合は使う方もいると思います。

ただ、ステロイドをつかのは最終の最終手段と捉えておくのをおすすめします、外部から副腎皮質ホルモンであるステロイドを入れるくらいなら、体内の副腎皮質ホルモンの分泌を増やすために何をするか(記事)に取り組んだ方がよいのです。副作用を心配している期間に免疫バランスが崩れたり、食欲不振で食事バランスが崩れたりしてしまうと、それまでの花粉症対策の努力が水の泡です。それなら食事改善に力を注いだ方がよっぽど安定した耐アレルギーボディを手に入れられると思います。

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
1章・食べる飲むの関連ページ
AdSence sole
みんなの声