花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

完治しようアイコン

「ただの水」をがぶ飲みする!そんな乱暴な…

人の体の60%は水でできている、だから水をガブガブ飲むのが健康への早道だ!そんな事を良く聞いた時期もありましたが、ここで改めて考えてみたいと思います。
人は一日に2~3リットルもの水を何もしなくても消耗します。例えば体重が45キロの人は900ミリリットルを失ってしまうと激しく喉が渇いてきます、もっと水分が減り1.8リットルを失うと脱水症状が出始め動けなくなってきます、それでも失い続け4.5リットル失うと幻覚や深いこん睡状態に陥ると言われています。

え、一日そんなに飲まなくても元気だけど?


こういう人もいるかもしれませんが、食事などから知らず知らずに補給できているから何事もないように感じられるだけで、食事すらできなくなると相当危険になってしいます。さてここで、花粉症と大量の水を飲むこととの関係ですが、花粉症対策には免疫バランスのシーソーを平たく保つことが最善策と言われますが、水がある事が大前提なんです。水があるから栄養を吸収し、悪いものを外に出そうとし、免疫力を保ち外敵やアレルギーの発生を抑える事を考えると確かに大元なので大切なのはわかりますよね。

じゃ、がぶ飲みってのはどの程度なのかという話になるんですが、実は水の飲み過ぎは体に良くないんです。人の体は何にしてもバランスでできているので、何かが良いからといって特定の何かをやりすぎると、体は「やりすぎ注意報」がでてしまって結果として悪影響が出てしまいます。人間の体は1分間に16リットルと言われていますので、最高でもこの量を超えると体は水を処理できません。具体的には体内のナトリウムが薄まってしまい低ナトリウム血症という状態になってしまい、めまいや、食欲不振、さらに症状が進むと、脳に障害が出てしまったりします。

さて、結論、水はがぶ飲みした方がいいのか?ですが、NGです。1日2~3リットル飲もうという健康法があるようですが、飲みすぎることで胃腸に負担がいってしまうと花粉症が悪化する事もあります。食事の中から栄養素と一緒に水分を摂るのが最も好ましく、極端な話食事もろくにしないで水ばかり飲んでも体調は整いません。

私も実際水を飲んでいた年がありましたが、ちょっとバランスがくずれていて熱まで出てしまった経験があります(私は花粉が重度になると熱が出ます…TT)。試した前年と花粉の量は同じという年でしたから水は難しいなと感じていたのを覚えています。

水は大切ですが、重要なのは水分を食事のペースに合わせて摂るのが体には優しいようだという結論です。

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
1章・食べる飲むの関連ページ
AdSence sole
みんなの声