花粉症の完治を目指し、対策方法を探求する決定版サイト!花粉症はなにか1つで改善はしない!

2013年春秋通年版
トップページに戻る
花粉症用語集
お問合わせ
もくじへ戻る

引っ越し

花粉が無い所に引っ越す?…でも花粉は追いかけてくる

花粉症の辛さを味わった人は一度は「花粉が無い土地にいきたい」と考えたことがあるのではないでしょうか。そして、中には実際行動にうつした人もいます。よりよい人生、効率的に、そして望み通り生きる事が出来るなら引っ越ししたってそれは賢い選択かと思います。

一般的に「花粉症」と言うとスギ花粉症を指す事が多いように思います。スギ花粉症は日本スギの花粉が飛散することで発症します。ちなみに、この日本スギ林はなんと日本の山の面積の1/5近くの割合を占めていて、日本の国土にすると面積の1/9程が日本スギ林と言う事です。

よく、日本スギが植生していない北海道へのリトリートツアーなどがありますが、残念ながら北海道以外では日本全国、日本スギが植生しています。じゃ北海道に移住しちゃえば一生花粉症とは無縁か!…というと、実はそうともかぎりません。実は北海道は北海道で、白樺花粉という花粉症があります。確かにスギ花粉症だから白樺花粉症になるとは限りません。

花粉症は体の免疫バランスが崩れている状態の裏返しなので、スギ花粉以外にもアレルギー反応(かゆみ・くしゃみ等)を引き起こすIgE抗体を増やしてしまう傾向はあるようです。

これは日本国内の移動に限った事ではなく、外国であっても様々な花粉があります(ヨーロッパはカモガヤ等のイネ科花粉症、アメリカはブタクサ花粉症)。日本ではイネ科花粉症でもブタクサ花粉症でもなかったとしても、現地でIgE抗体を蓄積し続ける間、体の免疫バランスが崩れれば、スギ花粉症以外の花粉症も発症してしまったりします。

引っ越しをするのもよいですが、同時に体の免疫力がバランスを失わないように食生活の改善(食事の和食化甘いものを控える)や、ストレス解消法を見つける事も合わせて頑張りたいところです。

ちなみに、私はスギ花粉から始まって、ヒノキ花粉、ブタクサ花粉、イネ科花粉と抗体を増やしてきてしまい、恐らく北海道に行っても白樺が増えそうな予感です。思い起こせば、スギ花粉がひどい時期にその次の季節にくる花粉の抗体を増やしてしまい、次はその次の季節にくる花粉…と言うように増えてきました。花粉症は、一度かかったら、ひどい症状にならないように維持するのが大切だと考えます。

この話をみんなにおしえてあげよう!

もくじへ戻る
3章・生活の見直しの関連ページ
AdSence sole
みんなの声